カナダお礼の旅・留学の機会に感謝

久しぶりにカナダに行ってきました。

今回の旅の目的のひとつは、カナダ留学中にお世話になった方々にお礼を言うこと。

私は、ロータリー財団の国際親善大使奨学金を受けて約8か月間カナダに留学していました。

学費、渡航費、生活費免除で返済不要。当時の私にとっては夢のような奨学金でした。
英語と異文化コミュニケーションのスキルが身に着いたのは、留学という体験を叶えてくれたこの制度のおかげだといえます。

ぜひ直接お礼を伝えたいと思い連絡を取ってみると、自分の体験についてスピーチをしてほしいとの返事をいただきました。

お世話になった方の多くは高齢により他界され直接お礼が言えませんでしたが、当時の写真を見せると懐かしがってくれる方もいました。

「直接お礼を言うのに25年もかかってしまいました。
身に着けた英語力と異文化体験を活用し、帰国後は海外業務に携わりました。
そして、起業することもできました。」

私がこのようにスピーチすると、自分たちの活動によって1人の日本人が様々な興味深い体験をできたことを誇りに思えると、皆さん喜んで下さいました。

http://bit.ly/30FJZ70

今の自分があるのは、間違いなくこの方たちの活動のおかげであり、経済的に苦しかった私に留学の機会を与えてくれたロータリー財団に心から感謝しています。

そして微力ながら、私も頑張る若者に機会を提供できるよう、ますます自分に力をつけていきたいと改めて思いました。

オーナー谷本瑞絵
LATVIA HAZE Times【カナダお礼の旅:留学の機会に感謝Vol.88】より
メルマガ登録はこちら→ http://latviahaze.com/mailmagazine/

6月30日まで初夏キャンペーン開催中です。
新緑の季節、ラトビアの森を散歩するような清々しい香りをバスルームにどうぞ。

関連記事一覧

PAGE TOP