ビジネスのプロになりルパン三世に誘われたい

「ルパン三世」をご存知ですか?

私は子供のころから大好きです。
私の祖父は、戦後何度もヨーロッパを旅行しました。子供のころ祖父と一緒に「ルパン三世」を観ることが大好きでした。

「パリの凱旋門が上手く描かれているなぁ。」
「このファッションはよく見かけたなぁ。」
「スイスでルパンのように電車に飛び乗って車掌さんに怒られたことがある。」

祖父は、その的確な描写に感心し、自分が見たヨーロッパの話をしてくれました。

電機技術士だった祖父は、登場するコンピューターや最新スパイ道具などにも感心が強く、日本の未来についての考えもよく語ってくれました。

それを聞くのは本当に楽しかった!

世界情勢とともに斬新で未来を示唆するアイデア満載の「ルパン三世」は、今なお色褪せず、ますます興味深いアニメです。

原作者のモンキーパンチ氏が2ヵ月前に他界されたことを受け、改めてテレビ放送を観ました。

そこで、気付いたのです!

私が理想とする仕事観が描かれている!

泥棒という職業は別として、ルパンの仕事に対するプロ意識には憧れるものがあります。
計画は用意周到、どんな困難があっても達成する。
失敗しても「こりゃダメだ」と、素早く作戦を切り替える。

次善策を持ち、危機管理も考えられています。

臨機応変な対処と機転の速さはまさにビジネスのプロ。
また、危機の中にも楽しさを見出し、ジョークを忘れないルパンの姿は、私のお手本です。

さらに、描かれる仲間との関係にも憧れます。

各自がその道のプロ。互いに敬意とライバル意識を持ち、意見を出し合いながら目的に向かって協力します。

開拓精神旺盛でみんなで海外を飛び巡る様子にワクワクが止まりません(笑)

プロ意識のある人と仕事をすることは本当にすばらしいと思います。

ただし、各自のスキルが高く、役割が確実に全うされることが前提です。スキルや意欲の相違はチームへの貢献度が偏り、目的達成に影響が出ます。

チームワークでは、互いの不得手をカバーしながら協力していくことが大切。

そのために不可欠なのが、個の力です。

「一緒に仕事をしたい」と言われる人であるために、日々のスキルアップが大切だと思います。ルパンに「一緒に組もうぜ!」と誘われる、それが私の理想です(笑)。

7月から深田恭子さん主演の新ドラマ「ルパンの娘」がスタートするようです。家族のチームワークがどのように描かれているか、興味があります。

================================================
夏キャンペーン2019開催中!
大阪本店  2019年7月2日[火]~ 8月31日[土]15時まで
オンラインショップ  2019年7月1日[月]~ 9月1日[日]
================================================

バルト海沿岸、ラトビアのリゾート「ユールマラ」のような、ゆったりとしたヴァカンスを過ごせるようなギフトや楽しいイベントをご用意しています。

オーナー谷本瑞絵
LATVIA HAZE Times【ルパン三世に誘われたい Vol.93】より
メルマガ登録はこちら→http://latviahaze.com/mailmagazine/

関連記事一覧

PAGE TOP